日本で市場開拓できるのか?PART①

動画配信最大手「ネットフリックス」がついに上陸!!「テレビは無料」が当たり前の日本で市場開拓できるのか?PART①

有料動画配信で世界最大手の米ネットフリックスが9月2日、日本でのサービスを本格開始した。既存の映画やドラマにとどまらない独自制作のコンテンツを武器に、世界50カ国以上で会員6500万人を集める「巨人」がいよいよ日本に上陸した格好だ。「テレビは無料」という意識が根強い日本市場を開拓できるのか。テレビ、携帯電話、コンテンツなどの世界のみならず、映画鑑賞やテレビの視聴スタイルを激変させる可能性を秘めたネットフリックス。その動向に注目が集まっている。
「長期的には、高速インターネットを利用する世帯の3分の1に視聴してほしい」。ネットフリックスのリード・ヘイスティングス最高経営責任者(CEO)は1日開いた説明会でこう意気込んだ。
同社は1997年に創業。DVDの宅配レンタルを手掛けていたが、2007年にインターネット配信を開始。テレビやゲーム機、スマートフォン、パソコンなどに配信される映画やドラマを定額料金で見放題で楽しめる点が爆発的人気を集めた。

次回へつづく

カテゴリー: Netflix雑談 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です