ケーブルテレビから顧客を奪い、人気のサービスに

ネットフリックスは当初、郵送によるレンタルDVDサービスとしてスタートした。その後、ネット映像配信をスタートさせ、大きな影響力を誇るようになった。ユーザーの魅力は、ケーブルテレビより圧倒的に安い価格と、自分の好きなときに、好きなペースでドラマを見ていくことができる自由さだ。
ケーブルテレビはインターネット回線とセットで40ドル程度から利用できるものもあるが、HD放送、HBOやスポーツなどの専門チャンネルへの加入などを追加していくと、結果的に毎月100ドル程度の利用料を支払うことになる。
これは筆者も米国で暮らしているとふと思うのが、「はたして自分は、100ドル分のテレビを毎月見ているのだろうか」ということ。後述する理由でケーブルテレビを解約できずにいるが、NetflixもしくはHulu Plusを契約しながら、自分の好きなときにドラマを見るスタイルへと切り替えた。
現在米国では、Netflixの他に、Hulu Plus、Amazon Instant Videoといったサービスがストリーミングビデオを提供している。ちなみにAmazonの映像配信サービスは、Amazon.comでの買い物で2日配送が無料になる「Amazon Prime」に付帯してくる。

カテゴリー: Netflix雑談 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です