ネットフリックスが日本に普及した後の動き

NETFLIX(ネットフリックス)をご存知ですか?

世界最大手の動画ストリーミングサービスですが、もともとはアメリカでDVDの宅配からスタートした会社です。
同社は、1997年にマーク・ランドルフ(Marc Randolph)と現CEOのリード・ヘイスティング(Reed Hasting)の二人によってカリフォルニアで誕生しました。もともと、ヘイスティングがレンタルビデオ屋から借りていたのを返し忘れ延滞料が40ドルにも膨れ上がったことがきっかけで、定額のDVDレンタルサービスを思いついたとのことです。

現在では約40ヶ国以上で展開されていますが、アメリカ合衆国を除くほとんどの国では映像のストリーミング配信の形でサービスが提供されています。そして、いよいよこの秋には日本にも上陸することが正式に公表されています。

  前回からの続きですが、ネットフリックスが日本に普及した後の動きについて話たいと思います。(あくまで予測です)

 今秋以降に発売されるメーカー各社のテレビはNetflix対応となり、リモコンに「NETFLIXボタン」を搭載。
ボタン一つの簡単操作で利用でき、再生、一時停止、再開も思いのまま。
回線状況に応じて画質を調節し、すぐに始まり止まらないスムーズな視聴を実現する配信システム、
個人の視聴履歴だけでなく独自のアルゴリズムを活用した革新的レコメンド機能など、
高度なテクノロジーに支えられた使い勝手の良さも世界中で利用者を増やしている要因だ。
 日本でのサービス開始と同時に、マーベルの本格アクションドラマ『デアデビル』をはじめとするNetflixオリジナル作品も多数ラインナップ。
その中にはフジテレビとタッグを組んだ『テラスハウス』の新シーズンや、桐谷美玲主演でランジェリー業界を描くドラマ『アンダーウェア』など
日本発のオリジナルコンテンツも含まれる。今後、邦画や日本のテレビドラマも拡充される予定だ。

またNetflixの“日本上陸”を記念して、スペシャルコラボレーション映像が制作され、きょう4日より第1弾「斜め加速」編がNetflix公式Youtubeチャンネルなどで公開。
制作にあたっては、キャスト・スタッフが再集合し、ほぼすべてのせりふを新たに収録した。
第2期の副監督を務めた吉平直弘氏は「自分たちの作品を自ら真剣にパロディしてみました(笑)」
と語る遊び心いっぱいの動画となっている。スペシャル動画は、第2弾「長道出撃編」、第3弾「補助脳アクセス編」が続く予定。

カテゴリー: Netflix雑談 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です