ネットフリックスとU-NEXTを比較

今回もネットフリックスについてのブログを書いていこうと思います(≧∇≦)
今回のブログではネットフリックスとU-NEXTを比較してみます(^o^)
一時はヒルズ族の寵児などと呼ばれホリエモンと共に一時代を築いたUSENの宇野社長の最後の砦!!
インターネットバブルの終焉とともに、虎の子だった無料動画サービスGYAOも手放し、何をいまさらビデオンデマンドなんだと思うかもしれないが、会社の根幹である音楽配信サービス有線放送とビジネスモデルは同じだそうで!
コンテンツ業ならお手のものとなっているそうです(^^)
サイトを覗いてみると配信本数11万本以上と書いてはあるが、まぁこけおどしで月額料金だけで見ることのできる映画だけでみれば、洋画600本、邦画750本の計1350本といったところだそうです(≧∇≦)
ドラマも数百タイトルといったところで、配信タイトルの多くは、PPVと呼ばれる月額以外に料金が必要なものか、カラオケなどのほとんど再生されることのないタイトルがしめているのだそうです!!
U-NEXTの映画ラインナップはかなり厳選されておりほとんど見て損になる映画がないと言われています(^o^)
この様に比較してみてもそれぞれに良いところがありこれからも色々な方法で競争していき更に良い物を作って行って欲しいなと思いますね(^^)

カテゴリー: Netflix雑談, 映画 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です