ネットフリックスの動向

今回もネットフリックスについてのブログを書いていきます(^^)
今秋から日本でサービスを始める米動画配信大手、ネットフリックスの動向に注目が集まっているようですね!!
フジテレビは6月、「テラスハウス」など新作の連続ドラマ2作をテレビ放送に先駆けてネットフリックスで配信することを発表したようです(^∇^)
世界50カ国で6200万人の会員を数え、「黒船」に例えられることもあるそうです(≧∇≦)
ネットフリックスは新たなテレビの視聴習慣を作りました(^^)
コンテンツ制作と技術革新を両立させ、成功した数少ない企業と言われています(^∇^)
最高コミュニケーション責任者、ジョナサン・フリードランド氏は産経新聞の取材にそう語ったそうです!ネットフリックスは、インターネットを通じてテレビやパソコン、タブレットなどで映画やドラマ、テレビ番組を視聴できる定額制の動画見放題サービス日本での価格は未定だが、米国では月額7・99ドル(約980円)から利用できるといったものがあるそうです(^∇^)
共に豊富な品ぞろえや米アマゾンのクラウドサービスを使った強固なシステムに加え、利用者の視聴履歴を解析してお勧め作品を表示する機能が特徴で、米国では既に全世帯の4分の1が利用しているそうです(≧∇≦)
米国ではケーブルテレビなどと有料契約を結んでテレビを視聴することが一般的なため、ネットフリックスはテレビのチャンネルの一部に近いイメージで定着してきた側面もあるようですね(^∇^)
日本進出が本当に楽しみになってきましたね(^^)

カテゴリー: Netflix雑談, 動画, 映画 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です