三大企業の覇権争い

最近は、ネットフリックス(Netflix)の日本上陸がけっこう日本でも注目されていますが、いまアメリカではネット配信巨頭3社のネットフリックス、hulu、Amazonの間で三国志さながらの三大企業の覇権争いが勃発、火花が散っているのです!いずれ日本でも起きるのか!?

Netflix(ネットフリックス)

netflix
アメリカではファミリー向けのビデオサービスというイメージが強く、子供向け番組や映画、ドラマ、ネットフリックスオリジナルドラマなど充実した作品の数でユーザーを離しません。月額たった$7.99払えばお茶の間で好きな時間に好きな作品を選んで視聴できるのは魅力的です。

hulu(フールー)

hulu
そこに負けまい市場を獲っているのがhuluです。日本ではhuluジャパンとして先駆けてアジア進出して、あまり上手くいかないと判断するや、すぐに日本テレビに売ってしまいましたが、アメリカではネットフリックスが最もライバル視する超大手ネット配信会社なんです。
事業主はアメリカの大手テレビ局の、NBCユニバーサル、FOX TV、Disney-ABCの3社で主要なドラマや映画、カートゥーン(アメリカのアニメ)、日本のアニメなどを多数ネット配信しています。

そしてなんとアメリカではPCで無料視聴がでるんです!ここがネットフリックスと違うところですね。その代わり視聴中に広告のコマーシャルが入るので、テレビ視聴と同じスタイルでコマーシャルを見ないといけませんが、無料というのは大きいですね~

ただ、huluも月額サービスhulu Plusというサービスに力を入れており、ネットフリックス同様$7.99でPC無料視聴では見れない最新のドラマエピソードが視聴できるだけでなく全てのデバイスで視聴可能となります。このサービスも拡大していていて500万人以上の月額ユーザー数と言われていてどんどん伸びているようです。

Amazon

amazon
ネットフリックス vs. huluに待ったをかけたのが、総合ネットビジネス界のking! Amazonです。彼らはAmazon プライム インスタントビデオというサービスを開始。Amazon プライムメンバーはインスタントビデオサービスも見放題という2社と違うサービスでネット配信に殴り込みをかけてます。

このやり方はAmazonのKingぶりをいかんなく発揮しています。年額99ドルでプライムメンバーになると特典がスゴイ!

1. どんな商品も2日以内の無料配送

2. アマゾンムユージック100万曲が無料で広告なしのストリーミング視聴できる!

3. デジタルの写真クラウド保存が無制限でできる!

  1. Kindleデバイスを持ってる人は毎月1冊無料で読書可能!その対象数50万冊。

5. テレビドラマや映画が見放題

年額$99でも1ヶ月にしたらたった$8.25。ネットフリックスやhuluの7.99と比べてもわずか26セント多く払うだけでネット視聴以外にこの特典!日本でもプライム特典ありますが、本場の特典の充実ぶりはすごいですね。

ただ、作品ラインアップだけみるとネットフリックスとhuluが圧倒的で、後発のAmazonは作品数も作品内容も遅れをとっているようです。

特にネットフリックスは旬な新作の独占配信に力を入れていて、各テレビ局から優良な新作を独占配信権を獲得したり、積極的にオリジナルの作品を製作して配信したりしてテレビに替わる次世代型視聴サービスを実現して業界に新たな風を吹かしています。

huluも同様、独占権を獲得するも作品の独自性では少しネットフリックスに水をあけられた感じもありますが、魅力的な作品を維持していますね。

どうですか?あなただったらこの3サービスどれを取りますか?頷けますよね~。3社ともそれぞれ素晴らしい魅力だと思いませんか?

アメリカでは引き続き熱い3国バトルが繰り広げられてますが、日本では果たしてどんなネット配信の群雄割拠となるか!これからますます注目です。

カテゴリー: Netflix雑談, 動画, 映画 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です