NETFLIX(ネットフリックス)をご存知ですか?

世界最大手の動画ストリーミングサービスですが、もともとはアメリカでDVDの宅配からスタートした会社です。
同社は、1997年にマーク・ランドルフ(Marc Randolph)と現CEOのリード・ヘイスティング(Reed Hasting)の二人によってカリフォルニアで誕生しました。もともと、ヘイスティングがレンタルビデオ屋から借りていたのを返し忘れ延滞料が40ドルにも膨れ上がったことがきっかけで、定額のDVDレンタルサービスを思いついたとのことです。

現在では約40ヶ国以上で展開されていますが、アメリカ合衆国を除くほとんどの国では映像のストリーミング配信の形でサービスが提供されています。そして、いよいよこの秋には日本にも上陸することが正式に公表されています。

前回からの続きですが、ネットフリックスの魅力について話たいと思います。

REGZA、VIERAの一部はすでにNETFLIXに対応
ホリエモンが看破したように、既存テレビ局の強さがリモコン利権だとするとこれはむしろNETFLIXにとっては追い風かもしれません。
というのも、アメリカなどでは、NETFLIXの利用を想定し、テレビのリモコンの多くにNETFLIXボタンがついているのです。
そして、その流れはすでに日本にも来ており、東芝のREGZA J10シリーズ、パナソニックのVIERAのCS650, CS600シリーズは、すでにNETFLIXに対応したリモコンが付属しています。

Hulu, Amazonと共に動画配信戦国時代 
NETFLIXが日本で動画のストリーミングサービスを提供する際には、HuluやAmazonインスタント・ビデオあたりが競合となるでしょう。
HuluはNETFLIXと同じく定額制で、933円/月と比較的リーズナブルな価格設定に加え、視聴できる作品数もかなり増えてきています。
また、『ラストコップ(THE LAST COP)』という唐沢寿明主演のオリジナルドラマを配信する計画もあり、NETFLIXの前に大きく立ちはだかる存在になるのは間違いないでしょう。

NETFLIXがテレビに強いというのは、大きなアドバンテージかもしれませんが、いくらNETFLIX対応のテレビが増えたとしても、最終的には日本でどのようなコンテンツを提供できるかが一番のポイントになるはずです。
上にも書いた通り、NETFLIXの魅力の一つはオリジナル作品ですが、House of cardsなどの欧米で人気のドラマも、必ずしも日本でそのまま幅広い層に受け入れられることはないでしょう。
それはNETFLIXも十分に認識しているはずですから、サービス開始直後から、日本向けに新たにオリジナルコンテンツを充実させていく可能性も十分にあると思います。
そうなってくると、テレビ局などの既存のコンテンツメーカーは、その存在意義が問われることになるかもしれません。

 

カテゴリー: Netflixの内容, 動画 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です